外壁塗装、屋根塗装の失敗例 第1位は?

2019年8月5日更新

外壁塗装や屋根塗装の工事において、失敗例で1番多いのは、やはり思っていた色と実際の色が違うというトラブルです。
 
外壁塗装を行う際には使用する塗料のグレードによって、見積もりの金額にも大きな差が出てしまいます。
 
大きな金額になることが多い外壁塗装では費用に注目してしまいがちですが、1番多い失敗例は色違いです。
 
 
イメージした色との違いはなぜ起こる?
 
外壁塗装の色を決定するのはもちろんお施主様ですが、色を選ぶことは多くの施主様が悩まれる部分でもあります。
 
塗装前からイメージしている色がある場合には、色の打ち合わせも比較的にスムーズに進めることができますが、多くの施主様が漠然としたイメージをされています。
 
色の打ち合わせに使用される色見本には、メーカーがカタログに載せている塗料に合わせた標準色の中から選ぶ場合と、日塗工の色見本を使って選ぶ場合に分かれます。
 
色見本を使った打ち合わせでは、小さな見本を見ながらの打ち合わせになってしまうので、実際の色とイメージした色が違ってしまうことがあります。
 
イメージした色と違う原因のほとんどは、色見本を使った打ち合わせによるものになります。
 
 
色見本と実際の色はどう違う?
 
色見本を使った打ち合わせでは、小さな見本で打ち合わせを行うので、実際の建物に塗装された状態がわかりにくくなります。
 
色見本の台紙には、色をはっきりさせるために白枠が使われていることがあります。
 
見本の色がわかりやすくなる反面、実際の色よりも濃く見えてしまう原因にもなっています。
 
白枠の無い建物に塗装した際には、色が薄く感じてしまうことがあります。
 
 
失敗しない色選びの方法
 
外壁塗装の色選びで失敗しない方法は、小さな色見本だけで建物全体の色を決定しないことです。
 
塗装業者の中には、色見本だけで打ち合わせを終わらせたいと思っている場合もありますが、最終的な色を決定するには、実際の外壁に試し塗りをしてもらうことが確実な方法になりますね。
 
色見本と実際の色の違いでも説明しましたが、色見本の色を実際に外壁に塗装した場合も、イメージよりも白っぽく感じてしまいます。
 
外壁のように広い面積に塗装することで、白っぽく感じることもあるので注意が必要です。
 
外壁塗装で塗り替えたい色のイメージを、実際の建物で伝えることも色の違いを減らすのに有効な手段になります。
 
理想の色をした実際の建物があれば、色見本をあてることでイメージに近づけることができますので、ぜひ相談してくださいね。


東京都府中市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社ルーツ
https://roots08.com/
住所:東京都府中市天神町3-7-27

お問い合わせ窓口:050-3187-5847
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東京都府中市、調布市、三鷹市他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://roots08.com/case/
お客様の声 https://roots08.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://roots08.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://roots08.com/contact/

対応エリア 東京都府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、他


お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics