外壁塗装を行うときの知っておきたいポイントと注意点

2021年10月31日更新

外壁塗装の画像

 

塗装工事を行うのもそう多いものではありませんので、工事に慣れているという方はそうそういないのではないでしょうか?あまり慣れていないことだと思いますので、どこに気をつけた方がいいのか、失敗しないためにはどんなことを知っておいた方がいいのか、など手探りな状態かと思います。

 

そこで、ここでは外壁塗装を行うときの知っておきたいポイントや注意点をご紹介していきたいと思いますので、外壁塗装をご検討している方はぜひご参考にしてください。

 

【診断でわかることと行う時期は?】

外壁塗装の画像

 

外壁塗装を行うときは必ず建物を診断してもらうことをお勧めします。たまに建物の状態を見ずに見積もりや工事プランを出す業者がいますが、それでは適切な工事をしてくれるのかわかりません。

 

塗装工事に定価がないのも建物は一棟一状態や素材、立地などが違い、劣化の仕方も変わるため、建物に合った工事プランを組んでいかなければいけないからです。これから塗装工事をお考えの方は、必ず建物を診断して現状に合った工事プランを組んでくれる業者に依頼しましょう。ほんの一例ですが、建物診断では以下の項目を見ていきます。

 

【診断項目】

・屋根のひび割れ

・瓦割れ・剥がれ

・漆喰剥がれ

・屋根の色あせ・コケ

・ベランダの防水膜の剥がれ

・屋上床のスレ・ひび割れ

・排水不良

・鉄部のサビ

・雨樋のはずれ

・雨樋の割れ・ゆがみ

・色あせ・チョーキング

・外壁のひび割れ・剥がれ

 

【診断でわかることと行う時期は?】

外壁塗装の画像

 

建物診断をすることで、塗装の劣化具合や外壁にクラックがないか、損傷がある場合は補修が必要、などの判断ができます。建物の状態を把握しておかなければ必要な工事は分かりません。もし建物の状態を知らないまま工事プランを立ててしまうと、いざ工事が始まった時に、損傷が見つかり追加工事が発生してしまう恐れがあります。

 

追加工事が増えれば契約したときの金額よりも高くなっていきますので、工事が終わるまで工事代がいくらになるのか不安です。詳細に調べておけば追加工事が発生するリスクは減りますので、塗装工事をお考えの方は詳細に建物の状態を診断してくれるところに依頼しましょう。外壁塗装の周期は10年が目安です。劣化症状が出てくる年数でもありますので、8~12年ほど経ったら一度点検してもらうことをお勧めします。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

【見積もりで注意すること】

見積もりの画像

 

外壁塗装は定価というものがなく、建物の規模や状態、工事内容によって価格も変わってきます。そのため外壁塗装がはじめての方は、いくらが適正価格なのかがわからないかと思います。外壁塗装は安ければいいというわけでもありませんので、適正価格か判断する目安として相場を知っておきましょう。外壁塗装の相場は51~120万円になります。

 

外壁塗装の相場については「外壁塗装の相場価格」でお伝えしておりますので、ぜひこちらもご一緒にご覧ください。

 

外壁塗装を行う際は見積もり内容をよく確認しておくことも大切です。見積もりは「どこを塗装するのか」「どの範囲まで塗装をするのか」「どんな材料を使うのか」「どんな工程で工事を行うのか」などが記載されています。見積が曖昧な書き方だと、どんな工事をするのか判断できず、業者の言いなりになってしまう恐れもあります。

 

理想は見積の内訳が具体的に書かれていることですので、業者と契約する前によく見積内容を確認して、どんな工事内容なのか自分でも把握しておきましょう。また、気になることや不明点がありましたら、遠慮せずに質問することも大事です。

 

見積もりについては以下のページでも解説しておりますので、ぜひこちらもチェックください。

 

「料金について」

 

「工事業者の選び方① 見積もりの落とし穴 「各社の見積もり、塗装面積は同じですか?」」

 

【塗装工事の流れと注意点】

外壁塗装の画像

 

外壁塗装の流れは以下のように進みます。

 

【外壁塗装工事の流れ】

1:足場設置

2:高圧洗浄

3:養生

4:下地処理~劣化補修

5:下塗り~中塗り~上塗り

6:最終確認~足場撤去

7:お引き渡し

 

塗装工事の流れについてはこちらの「お問い合わせからの流れ」をご覧ください。

 

【工事の注意点】

塗装工事では下地処理がとても重要な工程になります。建物の塗装は塗膜が下地に付着する仕組みのため、塗装が下地に密着していなければ短い期間で剥がれてしまいます。

 

塗装の耐久性を左右するのは、塗装の密着性に影響する下地処理です。下地処理が適切に行われていないと長持ちする塗装に仕上がらないため、塗装工事をされる方は下地処理が重要なことを押さえておきましょう。

 

また、損傷や不具合箇所がある場合は、塗装前に補修しておくことが大切です。損傷しているところを残してしまうと後々トラブルを起こす可能性があり、余計な工事が発生してしまうため、塗装前にちゃんと直しておきましょう。

 

【外壁塗装の色選び】

外壁をどんな色に仕上げるかも楽しみの一つです。しかし、選べる色はたくさんありますので、どれを選んでいいか迷われる方も多くいます。また、外壁塗装は事前に色を確認することができませんので、イメージと違ったと感じてしまう方もいます。

 

なるべくイメージの食い違いがないように色を選んでいくことが大切ですので、希望している色の建物を真似る、写真で色を伝える、などの対策をしましょう。当社が実施しているカラーシミュレーションもお勧めですので、色選びに迷われている方はぜひご利用ください。

 

詳しくはこちらの「カラーシミュレーション」をご覧ください。

 

【工事後も安心!アフターフォローを実施しています】

外壁塗装は、工事後のアフターフォローも大事です。塗装をしたからといって、今後はメンテナンスが必要ないというわけではありません。メンテナンスをしても、その後はどうしても経年劣化してきますので、いずれ塗装を行う時期が来るでしょう。アフターフォローは工事後もお客様の建物の状態に問題がないか、工事後も不具合がないか確認してくれるサービスですので、長く付き合っていける業者に依頼しておくと工事後も建物の管理に不安を抱くことはありません。

 

当社も工事後は定期訪問サポートを実施しておりますので、工事後もお家のことはお任せください。

詳しくはこちらの「定期訪問サポート」をご覧ください。

 

“mu”

 

東京都府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、武蔵野市、西東京市、小平市、東久留米市、国分寺市、国立市、八王子市、町田市、他三多摩地区全域で、塗装工事、屋根工事のことなら、ルーツへお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装|東京都府中市(株)ルーツ


東京都府中市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社ルーツ
https://roots08.com/
住所:東京都府中市天神町3-7-27

お問い合わせ窓口:050-3187-5847
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東京都府中市、調布市、三鷹市他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://roots08.com/case/
お客様の声 https://roots08.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://roots08.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://roots08.com/contact/

対応エリア 東京都府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、他


お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics