現場レポート

東京都府中市の築20年住宅外壁塗装工事

2020年11月11日更新

東京都府中市の、築20年ほどの住宅の外壁塗装工事を行いました。

 

 

写真からも、外壁塗膜はかなり衰えている状態ということがわかります。

色褪せが酷く進んでおり、モルタルの色が見えている部分もあります。

このままでは外壁塗膜が外壁素材を守りきれていないので、雨漏りに発展してしまうことが考えられます。

早急に外壁塗装工事が必要ということで、外壁塗装工事を行いました。

 

外壁塗装の前に、高圧洗浄機を使って外壁を洗います。

わざわざ高圧洗浄機を使って外壁を洗浄することには、大きな理由があります。

その理由は、外壁に付着しているゴミや不純物を綺麗に取り除かないと、新しい塗膜が綺麗に付着しないからです。

 

以下が、高圧洗浄機を使った外壁洗浄を行っている写真です。

 

 

洗浄している写真からは、外壁が酷く汚れていたことがわかると思います。

外壁にたくさんの不純物が付着していたので、1日かけて念入りの外壁清掃を行いました。

 

外壁洗浄後外壁が十分に乾燥した後、既存外壁の状態をチェックしました。

年数が経っている建物なので、外壁には軽微なクラックなどの不具合の発生が考えられるからです。

チェックしてみると軽微なヘアークラックが数か所あったので、補修材で綺麗に補修しました。

ヘアークラックは軽微なクラックであり、簡単な補修で埋めることができます。

綺麗に埋めることにより、この先も心配なく外壁を使い続けることができます。

 

補修材が十分に固まったのを確認した後、下塗りを行っていきます。

下記は、下塗りを行っている写真です。

 

 

当建物の外壁はモルタルとサイディングを使っているので、モルタル部分にはフィラーという下塗材、サイディングの部分にはシーラーという下塗材を採用して塗布しました。

ローラーや刷毛を使って丁寧に塗布することで、古い塗膜に新しい塗膜をしっかりと付着させることができます。

 

下塗材が乾燥したのを確認したら、中塗りと上塗りを行っていきます。

ここで使うのが、色見本で選んだ色の塗料です。

中塗りをローラーや刷毛を使って丁寧に塗布し、中塗りが乾燥した後にローラーや刷毛を使って上塗りを行いました。

 

古く色褪せた外壁塗膜でしたが、塗り直しをしたことで頑丈な外壁塗膜となりました。

外壁塗膜は外壁と建物を守るための大事なものですので、常に頑丈な状態にして末永く住み続けることができる建物としましょう。

 

☞こちらの「クラックについて」では既存外壁塗膜に発生しているクラックについて詳しく解説しています。

☞こちらの「カラーシミュレーションについて」のページでは外壁のカラーを決める際のポイントを詳しくご案内しています。

☞こちらの「外壁塗装について」のページでは外壁塗装工事に関する様々なポイントを詳しくご案内しています。

 

 

 

 

 


東京都府中市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社ルーツ
https://roots08.com/
住所:東京都府中市天神町3-7-27

お問い合わせ窓口:050-3187-5847
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東京都府中市、調布市、三鷹市他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://roots08.com/case/
お客様の声 https://roots08.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://roots08.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://roots08.com/contact/

対応エリア 東京都府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、他


お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics