現場レポート

東京都府中市 外壁塗装 破風 ケレン

2020年8月14日更新

東京都府中市のお宅へ、外壁塗装に行ってきました。

 

とはいっても、今回は外壁全面ではなく、破風という部分の塗装でです。

「外壁ももちろん気になっているけれど、それは費用面で今はしない。でも、どうにも気になっている破風の部分だけでも塗装してほしい」とのご依頼でした。

もちろん大歓迎です!技術力とまじめな工事で評判の地元密着の当社ですから。

 

当社の強み、評判については⇒こちら

 

雨どいのついている家の側面部分は鼻隠しと呼ばれるのに対し

家の顔ともいえる正面部分、三角の形のところが破風と呼ばれます。

正面になることも多く、目につきやすい箇所ですね。

 

早速おうかがいして見させていただくと、塗料がまだらにはがれてしまっていました。

「実は以前にDIYしてみたんだけど、長くもたなくて…」とのことでした。

まだらに残っているところを見ると、かなり厚く塗られた様子が見てとれます。

剥がれないようにと何度も重ね塗りされたのでしょう。

 

塗料の密着性を高めるためにとても重要な工程があります。

それが「ケレン」。

下地調整ともいわれますが、具体的には塗装面を整えて素に近い状態にすることです。

汚れやコケ、以前の塗料など残ったままで塗り重ねても、しばらくすると剥がれてきてしまいます。

密着率が高い!と仮にうたわれている塗料があっても

その塗料を選ぶことより、ケレンという工程をしっかり丁寧にする方が大切です。

ケレン作業をきちんとすれば、厚塗りにせずともきちんと密着します。

 

 

ヘラやたわし、時には動力も使い、徹底的に落としてみました。

道具の使い分け、下地を傷つけないところでやめておく加減などはやはり経験ですね。

最後に高圧洗浄にかけたら、こんなにきれいな下地が出てきました。

このままにしておきたいほどきれいですが、こんなむきだしでは雨風にさらされてすぐに腐ってしまいます。

 

お客様のご希望通り、壁面と合わせた塗料と色で塗装していきます。

とはいっても一回塗って終わりではなく、密着性をよくするための処理を二度、三度と重ねていきます。

施工の手順をお客様もときどきご覧になっていました。

 

家の顔ともいえる破風は、できる限り美しく仕上げたいものです。

へりの部分、隅の細い部分など、道具を駆使しましたよ。

経験に裏付けされた技術の違いもありますが、道具の種類を数多くそろえているというのも

プロとそうでない方との違いです。

 

今回は破風だけのご依頼でしたが、外壁全体もまたさせていただけること、期待しております。

このたびのご依頼どうもありがとうごさいました。

 

☆M


東京都府中市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社ルーツ
https://roots08.com/
住所:東京都府中市天神町3-7-27

お問い合わせ窓口:050-3187-5847
(9:00~20:00 土日祝も営業中)

対応エリア:東京都府中市、調布市、三鷹市他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://roots08.com/case/
お客様の声 https://roots08.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://roots08.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://roots08.com/contact/

対応エリア 東京都府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、他


お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics